旭川大学図書館・地域研究所共催ワークショップ
横田准教授
平成30年2月13日、旭川大学図書館では、横田准教授が中心となって、旭川家具を研究。自身で、家具を製造するために、家具工場を見学したりしました。旭川大学図書館・地域研究所共催でのワークショップは、そんな経過や結果を単に、製作後の発表だけに終わらすのは、もったいないということで、開催されました。いろいろなご苦労があったのだと思われます。

説明する学生たち 冒頭に深い話を伝える、旭川大学の学長山内さん。それに聞き入る参加者と横田准教授の姿がありました。
旭川大学学長清水さんは、当麻町に勤務し、木の事を深く研究。そして清水さんは、フリーの木こり。山を一つ任され、それを管理しています。学生たちと共に、研究してきた経緯をスライドで投影しつつ、参加者と距離を詰め、ワークショップを続けました。北海道にとって、森林は大切な宝。そんな木の使い道を上手く考え、研究していくことを伝える大事な時間になりました。


当麻町 当麻木育推進員 原  弘治 さん
当麻町 当麻木育推進員 原  弘治 さん
里山部 代表 清水 省吾 さん
里山部 代表 清水 省吾 さん

HOME

HOME 旭川大学図書館・地域研究所共催ワークショップ