パッチワークの丘などですっかりお馴染みの「美瑛」。
  その素顔を四季を通して追いかけてみます。


 ■戻る

真っ白な雪原と山岳を背景に、とてもクリアな冬の美瑛。そんな美瑛の丘の中に、とても心休まる喫茶店があります。それが「ナブの家」。丘の道を進むとバードハウスが立ち並ぶ小道があります。それが「ナブの家」への目印。ここで嬉しいのは、お茶を飲んでいる窓の脇まで、野鳥が飛んでくるという場面です。リンデイティー(ハーブティー)を飲みながら野鳥の訪れを観察すれば次第にお話も盛り上がりそう。そして店内では、喫茶だけではなく、木のものおもしろ雑貨ということで、木製のフレームやバードハウスが販売されています。
ナブとは動物に育てられ、森に住む少年の名前・友だちという意味があります。
(イギリスの物語より)
「ナブの家」では喫茶の他、軽食なども利用することができます。


 ナブの家に続く小道にはバードハウスがびっしりと並んでいます。
 ほとんどのバードハウスに鳥が住んでいるということです。
回を重ねるごとに美瑛の深みにはまっていく回路。情景だけではなく、その美瑛の丘にあるお店を訪問してみました。素敵なクラフト製品も展示および販売されています。オーナーの山口さんと奥さんが店に訪れたお客様となごむような会話をしれているのもいいですね。
■ナブの家
木のおもしろ雑貨&喫茶
〒071-0224
北海道美瑛町北瑛一
TEL・FAX 0166-92--5626
ホームページ http://www.biei-nabu.com/
営業時間:AM10:00〜PM5:00
定休日:火・水曜日(通年) その他、年末年始などのお休みあり。

次回もお楽しみに!!

BACK