フィールド散策
戻る

国道12号線に沿った位置にある神居古譚(カムイコタン)ですが、ここには深い自然が存在します。白いつり橋を渡ると、そこには時代を忘れてしまった蒸気機関車が並びます。
その昔、旭川から札幌へ向かうレールは、この渓谷、神居古譚を通過していました。そのフィールドを編集長が散策します。

■昔、チョウザメが棲んでいた渓谷
鮭が遡上していたとされる石狩川ですが、なんとその昔はチョウザメが棲んでいたとされているこの渓谷。

国鉄の函館本線が通過していた神居古譚ですが、集落跡もあります。気になった方は、サイクリングロードの休憩所(旧神居古譚液跡)まで訪れると、写真などで紹介されています。
桜が見事だった公園への道は閉ざされ、桜の木も切り倒されたということです。しかし、散策路が付いているので、その道を伝って、自然観察をすることができます。充分に汗をかくことができますよ。

散策路の途中で、札幌から来たという散策者に遭遇。旅は道連れということもあり、一緒に進むことになりました。

■これからさらにシリーズは進展
季節は巡り、野山には野鳥の声が飛び交い、小動物に植物が豊富な季節となります。そんなフィールドをどんどんと散策していく予定になっております。
また、バックナンバーでも楽しめるものとなるので、乞うご期待といったところです。

貴方も、近くのフィールドを歩いてみませんか?
楽しい体験談などがありましたら、是非、編集部までご一報くださいね。

ベアーズマガジン編集部
E-mail:info@bear-mag.com
まで、ご一報ください。
楽しみに待っていますよ。


BACK