フィールド散策
 ■戻る
〜 雪融け水の林道を歩く 〜

旭川市街から15分くらいの場所に、西神楽という地域があります。ここは、旭川競馬場周辺で、意外と知られていない林道がいっぱいあります。不法投棄の多いのもこの地域の特色ですが、その林道を歩いてみることにしました。旭川市街はすでに雪がかなりなくなっていますが、林道ではまだ残雪が残ります。しかしながら一斉に融けた水は、流れる小川を元気付けています。

■土の車道が通る林道
まだまだありますよ。アスファルトじゃない林道。砂利道でもなく、土そのものの道路です。ここを歩いて、気楽に林道を散策します。

最後の残雪が日中の気温の上昇と共に、どんどん溶けて小川の水を増水させています。その勢いの音は、林中にこだまして、森の生き物に伝えているかのようでもあります。雪に負けた木が倒木となってあちらこちらに見受けられるのも春の林道の特徴です。幹だけではなく、大きな枝も折れて落ちています

いち早くミズバショウの芽が伸びてきているようです。せせらぎの中に現れるミズバショウも春のお告げです。

■車で通過してしまう林道
林道とはいえ、なかなか歩いて巡るという機会は少ないと思います。大概は、移動のため車で通り過ぎて行ってしまいます。しかし、車を停めてアウトフィールドを歩いてみるとなかなか楽しいものです。風、音、香りを感じ取ることができますから、自然と一体化した気分を味わうことができます。

美瑛川にある断崖絶壁。ここへも行きたかったのですが、行く道が通行止めになっていて、途中入ることができませんでした。残念です。
ということで、次回もお楽しみに!

ベアーズマガジン編集部
E-mail:info@bear-mag.com
まで、ご一報ください。
楽しみに待っていますよ。
 ※動画の途中に茶色の花をミズバショウを言っていますが、ザゼンソウの誤りです。

BACK