フィールド散策
 ■戻る
〜 冬の富沢林道を歩く 〜

自然がたくさん残る?旭川市にある富沢エリア。以前、夏の頃に紹介したことがありますが、実は真冬も車道が開通していて、林道を散策することができます。実際に現場に行ってみて、撮影中に一度も通る車の影はなかったのですが…。

■いろんなアートが存在します。
自然がもたらすとても素敵な現象に何度も遭遇することができます。

道路脇の側溝で凍る水。その中に現れた雪の結晶?神秘的で驚いてしまいます。すべてが雪と氷に閉ざされてしまう世界ですが、気温と湿度によって冷凍されている雪や氷はいろいろな体験をさせてくれます。きっとこれが自然とのセッションなのでしょうね。枝に降り積もった雪を落とすのも楽しいですね。特にドサーッ!と大きく落下してくる姿はとてもダイナミックです。

歩くところまでもが、真っ白な雪ってどんな感じでしょうか。とても特徴的な音がします。

■静の中にある動
意外にもこの厳しい寒さにうち勝って動きを見せる川。流れる水がすべて凍ってしまうわけではありません。覆われた白い雪の下では、脈々と清らかな水が流動しているのです。ほんの少し見せるその姿は、まさに天晴れ!とでもいいましょうか。力強さを感じざるを得ません。

ときには穏やかにゆらいでいる場面もありました。そんな素敵な富沢でした。
ということで、次回もお楽しみに!

ベアーズマガジン編集部
E-mail:info@bear-mag.com
まで、ご一報ください。
楽しみに待っていますよ。


BACK