グランツーリスモSPORTによるベアマガ号参戦
 ■戻る
レースのようす

ディーノ246
第30回目のレース動画は、番外編。ノスタルジック・レースと言うことで、今回の編集長が乗るマシーンは、ディーノ246GT。コースはサンクロワ。走る車は、全部懐かしいものばかり。昭和の車好き世代は、感動だと思います。若い方には、新鮮かも。16番グリッドの最後尾からのスタートになります。と言うことは、台数も16台と少なめ。レーシングタイヤではなく、普通のスポーツタイヤなので、滑るしドライビングも難しくなります。
競り合いこの車、知ってますかね。 気分はレースと言うより、お祭りに近いですね、懐かしい車と、当時なサウンドが蘇ってきます。これはたまらない。
コクピット内装も当時の物は、美しいデザインですね、思わず見とれてしまいます。走るたびに、次はどんな車が現れるのかなとワクワクしてしまいます。マニュアルのシフトチェンジも、感動的です。さて、レースの方は、どうなったのでしょうか。
疾走
それでも競り合いますよ。もちろん。
コクピット
このメーターパネルが、素敵。
ディーノ246GT

ご興味のある方は下記の連絡先まで。
kuma@bear-mag.com  編集長携帯 090-8271-0847
今までのレースのようす
ニュルブルクリンク24h
Vol.29 ニュルブルクリンク24h
帰って来た、このコース。

ドラゴントレイル・シーサイド
Vol.25 ドラゴントレイル・シーサイド
Gr.3で、海岸線を疾走。
カタロニア・サーキット
Vol.26 カタロニア・サーキット
Gr.2での情熱。
ニュルブルクリンク24h
Vol.27 ニュルブルクリンク24h
Gr.2でナイトレース。
アルザス
Vol.28 アルザス
アップダウンとバンクでGr.3.。


Vol.021 サルトサーキットでGr1
時速300キロ超えのバトルをします。
サン=クロワ・サーキット・C
Vol.022 サン=クロワ
南フランスのサーキットを激走。
サン=クロワ
Vol.023 サン=クロワ デイレース
前回の昼間版 Gr.2。
レーク・マジョーレ・サーキットVol.24 レーク・マジョーレ
アップダウンの続く、コース Gr.3

ネジ込み
Vol.017 ネジ込み
再びベアマガ4号ののニュル北疾走。
黒豹911。
Vol.018 黒豹911
ポルシェ好きな編集長の愛車で。
鈴鹿サーキット
Vol.019 鈴鹿サーキット10ラップ
Gr3のベアマガ号で走る。
道場破り
Vol.020 Gr2でGr1に乱入 道場破り
ニュル北で暴れます。

編集長の覚醒
Vol.013 編集長の覚醒
軽量化したベアマガ3号で、ニュル北。
インテルラゴスサーキット
Vol.014 インテルラゴスサーキット
ブラジルの早朝戦。Gr3。
富士スピードウェイ
Vol.015 富士スピードウェイ 午後
久しぶりの富士で、Gr2にて。
モンツァサーキット
Vol.016 モンツァサーキット
Gr1にて。最後に、こんな事が。
朝もやのニュル北
Vol.009 朝もやのニュル北
Gr2で、最後まで激闘が続きます。
ニュル24hトワイライト
Vol.010 ニュル24hトワイライト
Gr1でベアマガ4号が走ります。
ニュル北リベンジ編です。
Vol.011 ニュル北24hリベンジ編
再び4号が走ります。
ダート
Vol.012 ダートも走る
ベアマガ ラリーカー登場。
Gr4
Vol.005 Gr4のベアマガ2号
鈴鹿サーキットでのバトル。
ニュル北上級と
Vol.006 ニュル北で上級とGr2
ベアマガ3号で、闘います。
夜明けの鈴鹿サーキット
Vol.007 夜明けの鈴鹿と首都高バトル
クリスマススペシャル版です。
ベアマガ4号デビュー戦
Vol.008 ベアマガ4号デビュー戦
Gr1で夜明けの鈴鹿を走ります。
Vol.001ニュル北
Vol.001 ニュル北シングル初回編
シングルレースで1周、AI中級とバトル。
ナイトレース
Vol.002 ニュル24hシングルレース
ナイトレースの雰囲気をどうぞ。
ベアマガ3号
Vol.003 GT500クラスのベアマガ3号
富士スピードウェイでのバトル。
787B
Vol.004 番外編の787B
迷走のサルトサーキット。

back

HOME グランツーリスモSPORTに参戦