豊富な野草が間近で観察できる野草園です。
撮影日:2011年4月13日

雪融け後の初春、真っ先に顔を出し始める福寿草。黄色い花が緑の無い草原にアピールをはじめます。それと同時にエゾノリュウキンカが、せせらぎとなって流れる小川に沿ってみずみずしく咲きます。野鳥たちも餌が豊富な時期を目前に活き活きとししてきたかのようにも感じられます。春の到来を忘れずに規則正しく咲き始める初春は何かわくわくするものがありますね。

北邦野草園にある嵐山センターでは、屋内展示も行われています。季節の花々の写真やアイヌ文化の資料など、明るくてきれいな間取りで、北邦野草園のようすを知ることができます。また、屋外では小川に流れるせせらぎが、心を癒してくれます。
撮影中に現れたゴジュウカラの元気な姿。まるで春到来を喜んで活気付いているかのようにも見えます。地味ですが、ザゼンソウもひょっこりと顔を出します。きれいな水が流れる野草園で、楽しんでみましょう。
■北邦野草園は上川郡鷹栖町嵐山にあります。4月29日〜10月15日
 午前9時〜午後5時(入園午後4時30分まで) 入園料:無料

 第2・4月曜日(月曜日が祝日の場合は開園し、翌日休園)

HOME