北彩都を歩く

JR北海道旭川駅を中心に、旭川の中心部に新開発が進められている「北彩都」です。忠別川の河畔と並行するように伸びている函館本線と宗谷本線、富良野線。駅から垂直に位置する中心部の中には、旭川買物公園が伸び、このストリートは、日本初の歩行者天国として、今現在も受け継がれています。その一帯には数々の店が並びます。

旭川駅エントランス 北彩都ガーデン 2017年10月後半。初雪後、一旦溶けて最後の秋となった北彩都。そんな三日月の出る夜に、のんびりと静寂を楽しむ旭川駅周辺。意外と気が付かれていないかもしれませんが、大きな木は、微かにライトアップされています。そして、北彩都ガーデンのガーデンセンターへと続く、池のほとりには、ずっと続く街灯が灯されていて、とても素敵です。こんな秋の北彩都も、行ってみる価値はありそうです。

バックナンバー
北彩都ガーデン
 北彩都ガーデン2016
 2016年9月下旬

 氷点下19度の北彩都
 2017年1月
夏終盤の北彩都ガーデン
 夏終盤の北彩都ガーデン
 2017年8月
秋の宮前公園
 秋の宮前公園
 2017年9月
東コンコース
 プロローグ 2013.8.22

 北彩都ガーデンプレオープン
 2013.9.8

JR駅にイオンモールが合流
2015年1月

初秋の北彩都ガーデン2015
初夏の北彩都ガーデン
初夏の北彩都ガーデン
2016年5月中旬


HOME

TOPページ