屋根の雪
 ずっしりと時間をかけて降る雪。


どんな雪のときに、どれだけ積もるのか。北国では、毎日が雪との共存。特に氷点下が下がりすぎずに湿気を帯びた雪は、時間をかけてゆっくりと屋根に降り積もります。ひとつひとつの雪は軽くても、途切れることなく降り続く雪で、降り積もった雪は重たく密度の高い雪となります。それこそシンシンと降る雪がそれとなります。

北国の屋根は、雪に対応した形状が多く、三角屋根や無落雪と言って、平らで雪が下に落ちない構造のものがあります。三角屋根の場合は、傾斜を利用して、ある程度積雪すると雪は落下していきます。ただし、落下する場所は安全で広い場所が必要になります。
無落雪の場合は、ある程度の積雪量に耐えるような構造になっていますが、あまり降雪が高さを増すと、屋根に上って雪降ろしの作業が必要になります。何層にも降り積もった雪は相当な重さになっています。こうして、北国の人たちは雪と共存しています。

HOME