■戻る

立体的な地形の芦別市は新城周辺。細かに分かれた支流が、まだ凍る厳冬の中に動きを見せます。棚田と広がる白い田園。融雪が終われば、農業用水として豊かな融雪水が田んぼを潤すことでしょう。たっぷりの日差しの中、陽光に融かされた表面の雪は、雫となって支流に流れ込みます。起伏の多いこの地域は夏場も素敵な情景を見せてくれます。上空は、白く尾を残して通過する旅客機の航路。遥か先からは、農家の番犬の声さえも聴こえてきます。広がった白い田んぼの上は静寂そのもの。まだまだ続く白い冬を乗り切るとやがて農作業が始まって活気が出てくることでしょう。それまで待機な農地周辺の情景をお届けしました。
配信時間:約3分30秒



BACK