■戻る

夏の日差しが照りつける富沢地区。田んぼと山に囲まれた中を流れるは、伊野川とその周辺の支流。雨を待ち続けるアマガエルと聞こえてくる野鳥の声、そして川の流れる音。この周辺には、カムイの杜公園がある。ザリガニもたくさん採れる支流がいっぱいある。またマガモやアオサギなどが飛来してくる。豊かな水源があるから、ここは動植物にとっても居心地の良い場所なのだ。富沢の奥地へと足を運ぶと、カワトンボも飛び交っている水がきれいな証拠。そのトンボたちはきれいな水のあるところにしか生息できないからだ。川は流れの急なところ、ゆるやかなところとさまざまにくねって富沢を通過していき、やがて石狩川へと合流する。
配信時間:約3分30秒


BACK