エキサイティングモータースポーツ スノーモービル


冬にしかも雪の上でという想像を絶するモータースポーツがスノーモービルのレース。
北国、北海道では毎年MFJ主催の全日本選手権が繰り広げられています。
今シーズンも、09年2月頃に旭川から約1時間ほどの位置にある和寒町で、この大会が繰り広げられます。
今からしっかりとチェックして観戦に備えましょう。実際に生で見ると、エンジン音・ジャンプ後の着地音・加速感・ジャンプのダイナミックさをたっぷりと味わうことができますよ。
また、初心者でも楽しめるポイントも旭川周辺にありますので、シーズンが近づきましたら、順次ご紹介をしていきます。
お楽しみに!
※この映像は2007年3月に収録したものを再編集して配信しています。
※レースはクラス別ではなく、ダイジェストなためミックスして制作されています。


大迫力のレース展開
レース会場に響くエンジン音。上がる雪煙。突然のアクシデントは頻繁。転倒するライダーも続出しますが、それは雪相手の競技、何があっても不思議ではありません。

マシンもアクシデントで破損。人も担架で運ばれていきます。それでも突っ走る!

コーナーに入ると、急減速!そしてすぐにアクセル全開!!
直線で駆け抜けていくそのスピードは、弾丸のようです。
10数台のスノーモービルが、コーナーで入り乱れ、時には接触して、雪の中で埋まり、動けなくなることもあります。
そんなときはライダーがモービルから降りて、手でモービルを引っ張り出します。体力がなければ、なかなか出来ないスポーツです。
また、キャタピラから噴出する雪煙は、後続のライダーに直撃し、行く手を拒みます。
スーパークラスのライダーたちは、コースも別になっていて、大きなジャンプ台に差し掛かります。
そのジャンプの高さはすごいものです。遅いモービルは、2つ重なるジャンプ台を1つずつクリアしていきますが、加速の良いライダーは2山をひとっ飛びでクリアしていきます。
こんなところがスノーモービルレースの面白さです。



HOME