配信時間:約10分


北海道の上川には層雲峡と称する、岸壁に囲まれた地域があります。大雪山連峰の一角で、黒岳の裾野を中心とした、峡谷で形成されている地域です。
春夏秋冬に峡谷のイメージは一新し、まさに今は夏。
そんな層雲峡と、その周辺の様子をお届けしています。
今回も、渓谷を走ります。

三国峠ですれ違った観光バス。勾配の長いスロープです。



大雪山を見て、感動の連続!

層雲峡を旅する三人(渡邊さん、大衡さん、井出さん)が、今回足を踏み入れたのは、三国です。峠から下り、広大に広がるルピナス畑の予定でしたが、ちょっと時季が遅かったようです。少しだけ花が残っていましたが、種になっていました。

■今回の流れ  三国 → 糠平湖 → 高原温泉

出発時は、やや曇り、次第に快晴、再び曇り、そして晴れとどんどん空までが変化する1日でした。
スタートは、ランチから!と、おいしい場面から出発しました。三国峠下にある、三股山荘で、地産たっぷりなランチを堪能。
ほっくほくのジャガイモはバターを乗せると、倍増おいしくなります。また、地元の十勝牛のランチも絶妙なおいしさ。
すっかりと活力を蓄えて、いろいろと巡りました。


せせらぎの中で咲く、バイカモの花。

層雲峡とその周辺の情報をベアーズマガジンでは、定期的にお伝えしていく予定です。
季節感ある絶景をお楽しみください。

HOME