大雪山百景

赤岳
北海道には大雪山国立公園があり、その周辺は広大で、遠くからでも大雪山を望むことが出来ます。しかし、大雪山はひとつの山ではなく、連峰で山々が集合して出来ています。大雪山百景では、その山を通年見て、あまりにも溶け込んでしまっている存在でもあり、その人々との関りを、長期に渡り探っていく考えで制作を始めました。写真は赤岳で、上川町方面から望むことが出来ます。
 バックナンバー
東神楽の農家さん
プロローグ東神楽の農家さんへ
十勝岳
就実の丘から十勝岳望岳台へと
愛別岳の見える場所を求めて。
愛別岳の見える場所を求めて。
今回の百景は。。。
十勝岳 北海道の屋根、大雪山連峰。裾野では、新緑が広がり、緑一色。そして田植えも始まっています。大雪山連峰と十勝岳連峰は並んでそびえますが、どちらも大雪山国立公園の中に含まれます。美瑛町には野鳥の森があり、十勝岳の麓にあります。ここは、町中より標高が高く、シーズンが少しだけズレています。そのため、新緑はこれから始まります。既にヤチブキは散った標高の低いエリアとは異なり、只今満開です。野鳥がいっぱい生息するこの森でも、まだまだ木肌が見える状態。これから美しい新緑に包まれていきます。ほんのちょっと標高で、こんなにも変化する環境ですね。十勝岳の麓には模範牧場も広大に広がり、牧草地がきれいです。いろいろな表情を見せる、大雪山連峰。春も面白い光景がいっぱいあります。風が強く吹く日も多いですが、それが過ぎれば、穏やかな日が続いていくことでしょう。
野鳥の森 田植え

HOME

HOME 大雪山百景