雪あかりの動物園2017
あざらしたち
旭山動物園は今年で50周年を迎えました。そんな中、恒例の行事として、旭川冬まつりと同時開催なのが、雪あかりの動物園。夕方4時頃からキャンドルに点灯を始めて、淡い光が日没と共にゆらめき始めます。もちろんキャンドルだけではなく、動物たちにもお目にかかることができます。こんな幻想的な旭山動物園も素敵かもしれませんね。

雪あかり 撮影したこの日は、とても好天に恵まれ、夕暮れから暗くなるまでを追いかけました。キャンドルの淡い光と、動物たちの鳴き声、物音。とても面白い瞬間でした。旭山動物園の少し小高い場所からは、旭川市内の夕暮れが一望出来て、これもまた別な見どころと言えるでしょう。暗くなるに連れて来場者の数が増えてきます。夜8時半まで、開園していて、入場は8時まで。でも、じっくりと見ることが出来ます。昼間とは、また違った旭山の表情。そして、動物たちの表情も、また違って見えるので、不思議です。やはりここで長年生活をしているのだなぁーと感じることが出来ます。
是非冬まつりの後に、そのままお立ち寄りすれば、いい流れかと思います。今年が無理なら、来年のスケジュールに入れても良いですよね。




アイスキャンドル
揺らめくキャンドル
雪のペンギン館
静かなペンギン館

HOME

HOME 雪あかりの動物園2017