■戻る
 配信時間:約5分

アーカイブ旭川。それは、知られている旭川、知られていない旭川を含めて、広いエリアで、旭川を見つめて旅を続けるシリーズです。
1話〜24話は、月刊ベアーズマガジン(CD-ROM版)時代にて語られました。
毎回、こんな場所があったかなと再発見できる楽しさがあります。何もない旭川ではなく、「いっぱいあり過ぎる旭川」をお届けいたします。

■さて、今回のテーマは「富良野国道の西神楽周辺
旭川から美瑛・富良野方面に向かうルート国道237号線。年毎に道路拡張が進み、交通量としてもとても多い地区です。
その国道237号線と並行して走るのがJR線で、多くの通勤・通学客がJRを利用します。
また、西神楽では、神楽神社が意外にも人知れず、通過されてしまうケースが多いようですが、かなり立派な神社が鳥居をくぐり進んでいくと現れます。
知られずとはありますが、訪れる参拝者の数も多く、おみくじや絵馬などが、たくさんくくりつけられています。
季節は春。この辺りにもフキノトウが顔を出し、空では忙しなく、ヒバリ囀っていました。


これからも、いろいろな旭川の姿をお伝えしていくと同時に、幅広く記録を続けていきますので、乞うご期待!!

BACK