大川Cafe

「ベイスンの漂流者たち」。現代のビジネスマンたちが持っている、出口の無い漂流。でも、きっと出口はどこかにあるはず。そんな道しるべを、大川Cafeの大川氏が、示していきます。些細な事で漂流しているのか、もっと大きなことなのか。なんて、難しく考えていましたが、実のところ、もっとゆるく行きませんかということで、メインとなっている大川Cafeでのコーヒールンバ談義。楽しくいきました。いったい、ここはどんなところなんだろうという疑問からでもオーケーですね。
カウンターにするか 今回は、初の外ロケということで、旭川の銀座商店街にある、レコード喫茶オージーポージーさんにお邪魔。店の雰囲気から、音楽談義になりました。オージーポージーさんは、3条15丁目の三番館向かいにあります。いろいろな展示物があり、大川さんもインテリア好きとしては、黙っていられない感じ。また、オーナーの谷脇さんとも談義します。意外にも大川さん、加山雄三ファンだったんですね。とても楽しめるインテリアと、山積みのレコードにご満悦でした。
パスタ
お店では手作り生パスタなども楽しめます。
オーナー谷脇さんと
レコードを手に取り、オーナー谷脇さんと盛り上がります。
バックナンバー
熱血営業マン編
第1回 熱血営業マン編

第2回 大川カフェで楽しむ
アートと雑貨で起業
第3回 アートと雑貨で起業
車談義
第4回 車談義とビジネス

HOME

HOME ベイスンの漂流者たち