PILOT kakuno woarld

ハンドルを描く
PILOTのkakunoで描く万年筆画。第14回目は、去り気に停車してあった自転車の、ハンドル周辺を描くことにしてみました。映り込みの部分も有るので、なかなか面白いテーマだなと感じつつ、既にスタート。ハンドルの曲線の有り方、こんなに近いのに、左右のハンドルの遠近感の違いなど、再発見が有りました。面白いですよね。
カゴを描く
意外と複雑だった、フロントのカゴ。
どのようにブレーキや変速機のケーブルが通って行ってるのか、上下関係はどうなっているのか、観察も楽しいです。
仕上げに向かって行くベルやハンドルにも、背景の映り込みが有ったり、タイヤとスポークの関係なども、見逃せないポイントがいっぱい有りました。
そんな事を考えながら描いて行くのはワクワクしますね。
こんな感じ
Buck number
峠に咲くルピナスを描く
Vol013 峠に咲くルピナスを描く
小さな花が集合したルピナス。一つ一つ観察して、正確に描いて行くよう心がけると面白い感じになって来ます。
作りかけのプラモデル
Vol.009 作りかけのプラモデル
塗装もしていない、部品も付いていない、プラスチックむき出しのプラモデルの一部を描いていきます。
カップや器などの陶器
Vol.010 カップや器などの陶器
よく見ると、意外な部分が複雑になっていたり、観察することの楽しみも発見出来ると思います。
焼いたトーストを描く
Vol.011 焼いたトーストを描く
普通は冷めてしまうので、直ぐに胃袋行きだと思いますが、改めて観察してみましょう。直ぐに食べたくなります。
フルーツティーのパッケージを描く
Vol.012 フルーツティーのパック
良い香りが漂って来るであろう、フルーツティーのパッケージを描いてみました。パッケージのデザインがオシャレですね。
色鉛筆でコラボ
Vol.005 色鉛筆でコラボ
万年筆画を描いた上に、薄く色鉛筆で彩色していくという、コラボ企画。出来るだけ万年筆の質感を壊さないように彩色。
身近に有る文具類
Vol.006 身近に有る文具類
意外と身近にあって気が付かない存在たち。そんな文具類を描きます。どんな特徴が有るのでしょうか。
お菓子を描く
Vol.007 お菓子を描く
楽しい美味しいお菓子を、お題に描いてみました。パッケージも透明で面白い素材ですね。
車のヘッドライト
Vol.008 車のヘッドライトを描く
。旧車、それから現在のLEDになった、新旧両タイプをお題にしてみますね。メッキ部分も。
まずは描いてみるか!
Vol.001 まずは描いてみるか!
最初に描いたのは、陶器の箸置きで3引きの猫セットのもの。影と陶器の影をどうやって描くのか楽しみます。
キャラクターを描く
Vol.002 キャラクターを描く
置物やぬいぐるみを題材に、描いてみました。それぞれの素材の違いも面白いですよね。
コップやペットボトル
Vol.003 コップやペットボトル
描いたのは、意外と気が付かない、ガラスのコップやペットボトルの光と影を、見破って行きます。
クロームたち
Vol.004 クロームたち
一見、銀色と思われがちな、メッキやステンレスなどの、クロームたちを題材に描いてみたいと思います。

HOME

HOME PILOT kakuno world